浦添市で業務食品の卸売業を営む大門商事・創業者の比嘉門潤市さん(79)と妻の正子さん(76)が13日、那覇市の日赤安謝福祉複合施設を訪れ、同施設にある安謝特別養護老人ホームに車いす8台(50万円相当)を寄贈した。 同社は、寄付金付き自動販売機を会社前に設置するなど社会貢献に取り組んでいる。