【名護】任期満了に伴う来年1月予定の名護市長選挙で、自民党名護市支部の候補者選考委員会から出馬要請を受けていた元県福祉保健部長で北部地区医師会副会長の宮里達也氏(66)が、辞退の意向を示していることが分かった。11日、宮里氏は沖縄タイムスの取材に「選考委に文書で辞退する旨を伝えた」と答えた。