1945年夏には当時の県人口3割の10万3000人が収容されていた 食糧事情も悪く、栄養失調やマラリアで体力の弱い人が死亡 宜野座村には11カ所の収容所と9カ所の共同墓地が造られた