山本有二農相は11日の閣議後の記者会見で、資源枯渇が懸念されるとして、北太平洋のサンマ漁で国・地域別の漁獲枠を新設するよう国際会議に提案すると表明した。サンマの国際的な規制の具体化は初めてで、全体で約56万トンを上限とし、各国に割り当てる方向。