将棋の第88期棋聖戦5番勝負の第4局は11日、新潟市で指され、先手の羽生善治棋聖(46)が127手で挑戦者の斎藤慎太郎七段(24)を破り、対戦成績3勝1敗で10連覇を達成、自身が持つ最多の通算タイトル獲得記録を98期に伸ばした。 棋聖の獲得は通算16期目。