北海道は11日、ウイルスを持ったマダニにかまれることで発症する「ダニ媒介脳炎」で、道南部の70代男性が死亡したと発表した。道によると、国内での感染確認は3例目で、死亡は2例目。 道保健福祉部によると、男性は6月中旬に発症し、発熱や意識障害などで函館市内の病院に入院していたが、7月上旬に死亡した。