青森市の三内丸山遺跡で、約4500年前のものとみられる巨大な柱穴やクリ材の木柱などが確認された。大型竪穴住居跡や多数の石器、土器も見つかり、国内最大級の縄文集落跡と判明した。