マリンレジャーなどで水難事故に遭った人のうち、救命胴衣を着けていながら死亡したり行方不明になったりした事例が、2016年までの5年間に全国で179人に上ることが、海上保安庁への取材で分かった。