名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ内にある辺野古崎西側で15日、仮設道路のガードレールに沖縄防衛局の作業員が有刺鉄線を設置する作業が確認された。新基地建設に反対する市民らの進入を防ぐためとみられる。市民らは、船2隻とカヌー13艇を出して抗議した。