東日本大震災で大きな被害に遭った宮城県南三陸町のサンオーレそではま海水浴場が15日、7年ぶりに再開し、子どもたちの歓声で沸いた。 海開き式で佐藤仁町長は「船が打ち上げられているのを見て、復活は難しいと思っていた。たくさんの子どもに遊びに来てほしい」とあいさつ。