茨城県は16日、台湾から同県常陸太田市に搬送されたコンテナ2基から南米原産の強毒アリ「ヒアリ」計24匹が発見されたと発表した。いずれも死んでおり、女王アリは確認されていない。  ヒアリが見つかったのは、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫と合わせて6都府県。