福井県教育委員会が来春導入する県立高入試の新制度に批判が出ている。新制度は実用英語技能検定(英検)の成績を入試の点数に加算するもので、一部保護者や県議会は「英語が得意な生徒のみを優遇し不公平」と反発する。県教委は「英語力向上が狙い」と主張。既に周知が進み、見直しは困難としている。