西原町の小学校で当時5年生の男児が体育の授業中に後頭部を強打し、脳脊髄液減少症とみられる症状となった問題で、現在は中学2年生になった生徒と父親が3日、静岡県の専門医の治療を受けるため現地に入った。