【名護】稲嶺進名護市長は4日開会の市議会3月定例会の施政方針で、米軍普天間飛行場の市辺野古への移設について「沖縄の民意を無視した行為が国によって強行されている」と批判し、「あらゆる手段を用いて新基地建設阻止に向け断固として取り組んでいく」と述べた。