沖縄県内のほとんどの公立学校で21日、夏休みがスタートする。宜野湾市立嘉数小学校(児童862人、當山忠男校長)では20日、1学期の終業式が開かれた。

終業式後に「よい子のあゆみ」をもらい笑顔を見せる子どもたち=20日、宜野湾市立嘉数小学校1年2組

 式では4年生の児童4人が1学期を振り返り、水泳の授業や浄水場見学の感想を発表。児童全員で「ヤッホッホ!夏休み」を元気に合唱した。

 當山校長は「2学期の始業式では、一回り成長した姿、素晴らしい笑顔に出会えることを楽しみにしています」と呼び掛けた。

 5年5組の上江洲響さん(11)は「夏休みは友だちといっぱい遊びたい」と笑顔をみせた。