沖縄タイムス紙面掲載記事

格納容器内部「激しく損傷」/福島第1原発3号機

2017年7月20日 00:00有料

 東京電力は19日、福島第1原発3号機で溶け落ちた核燃料(デブリ)を確認するため、原子炉格納容器内にたまった汚染水の中を調べる水中ロボットを投入した。東電は、格納容器内の撮影に成功し、複数の構造物の損傷や脱落を確認したが、この日の調査範囲ではデブリは見つからなかったと明らかにした。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング