【平安名純代・米国特約記者】米軍のセルバ統合参謀本部副議長は18日、上院軍事委員会の公聴会で証言し、北朝鮮が4日に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)について、「明らかに米国の一部に届く」と認めた上で、「一定の精度をもって米国を攻撃する能力はない」との見方を示した。