「やんばるの古民家・空家活性化シンポジウム」(主催・名桜大)が13日、名護市の名桜大学で開かれた。人口の減少と新築住宅の供給過多で全国的に増えている空き家。県内では位牌(いはい)継承や改修費用の問題もあって、県外と比べて活用の意識が低いという。