【東京】浦崎唯昭副知事は20日、国交省を訪れ、那覇空港の第2滑走路や国際クルーズ拠点となる港の整備費用など、沖縄振興にかかる2018年度の予算を確保するよう要請した。沖縄振興公共投資交付金(ハード交付金)の事業でも債務負担行為が活用できるようにすることも初めて求めた。