沖縄タイムス+プラス ニュース

官房長官、辺野古事前協議に応じる考え 工事取り消しは否定

2015年3月6日 11:39

 【東京】菅義偉官房長官は6日の閣議後会見で、名護市辺野古への新基地建設に関し、翁長雄志知事が埋め立て工事前の実施設計に関する県と国との事前協議の必要性を指摘していることについて、「事業者として誠実に対応することは当然だ」と述べ、協議自体には応じる考えを示した。

 一方、「瑕疵(かし)なくされた承認を、知事が変わったからといって取り消すことができないのは当然だ」とも述べ、協議をしても新基地建設工事を進める考えに変わりないことを強調した。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS