背の高い松の木の下を通る女性や馬車。広がる枝に生い茂る緑が人々を包み込むように木陰をつくり、子供が周辺に腰掛けて休息をとっているように見える。 撮影されたのは、現在の宜野湾市普天間。戦前の同地区では、松並木の街道が普天満宮から首里へ向けて延びていた。