1935沖縄 よみがえる古里

【パナマ帽作り】沖縄の特産品、細かな編み込み 作業進む洞窟で製造

2017年7月22日 13:50

 洞窟内で座り込み、作業をする若い男女たち。手には植物の繊維のようなものを持ち、細かく編み込んでいるように見える。

洞窟内でパナマ帽(アダン葉帽)を編む男女。最盛期には黒糖に次ぐ県外への輸出品目だった。昼間に畑仕事をする農家ではなく、時間的に余裕のある若い女性らが内職として作業をすることが多かった。男女掛け合いの沖縄民謡「帽子くまー」では、作業を通して恋の駆け引きが歌われる。原料はパナマ草からアダンの葉に変わったが、乱獲で葉が減少し、細く裂いた紙を寄り合わせてひも状にした「紙縒(こより)」が使われるなど変化した。(写真は朝日新聞社提供)

戦前の制作方法などを参考にして作られたパナマ帽(木村麗子さん提供)

洞窟内でパナマ帽(アダン葉帽)を編む男女。最盛期には黒糖に次ぐ県外への輸出品目だった。昼間に畑仕事をする農家ではなく、時間的に余裕のある若い女性らが内職として作業をすることが多かった。男女掛け合いの沖縄民謡「帽子くまー」では、作業を通して恋の駆け引きが歌われる。原料はパナマ草からアダンの葉に変わったが、乱獲で葉が減少し、細く裂いた紙を寄り合わせてひも状にした「紙縒(こより)」が使われるなど変化した。(写真は朝日新聞社提供)

戦前の制作方法などを参考にして作られたパナマ帽(木村麗子さん提供)

 「ちょうど戦前に自分が見た風景。パナマ帽作りだと一目で分かる」

 那覇市繁多川に住む知念堅亀さん(83)は、写真を前に当時を振り返る。

 パナマ帽(アダン葉帽)は戦前に多く生産されていた沖縄の特産品。素材の植物(パナマ草やアダンの葉など)が乾燥していると加工が難しく、霧吹きで湿らせて作業が行われたという。湿気のある場所だと編みやすいため、戦前の沖縄では湿度の高い洞窟内で製造されることがあった。

 長時間の作業もできるように地面に板を張り、敷物などが敷かれた。入り口近くは外気に触れて乾燥するので、洞窟の奥に作業場を設ける。洞窟内は暗く光が当たらない。手元を明るく照らすためか、頭上にはランプが下げられている。

 帽子編みの内職をする人は「ボーシクマー」と呼ばれた。同名の沖縄民謡の歌詞では「1本ばや押すて 2本取てなぎて」(〈編む草を〉1本取って押さえて、2本取って投げて〈折り返して〉)と作業工程が歌われた。

 知念さんは小学校低学年の時、識名宮の側にある洞窟内で若い男女がパナマ帽作りをしていた様子を目にした。「原料の草を引っ張ると『ヒュー』という独特の音がした。平和な時代の懐かしい写真。戦争が近づくと、この風景はなくなる」

 庶民が生活の糧を得るため、帽子作りの作業場にしていた洞窟は、沖縄戦が近づくと防空壕(ごう)に姿を変えた。(「1935沖縄」取材班・与儀武秀)

写真集「沖縄1935」発売

 戦火に包まれる前の沖縄がよみがえります。待望の写真集が朝日新聞出版から全国販売。「糸満」「那覇」「久高島」「古謝」と地域ごとに章立てされ、82年前の人々の生き生きとした様子が鮮明なモノクロ写真で紹介されています。

 ■朝日新聞出版

 ■A4判変型

 ■1,800円(税抜)

  全国の書店のほか、大手通販サイトamazon等でも購入できます。

写真集 沖縄1935
写真集 沖縄1935
posted with amazlet at 17.08.08

朝日新聞出版 (2017-07-31)
売り上げランキング: 550

あわせて読みたい

関連リンク

1935沖縄 よみがえる古里のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS