【東京】菅義偉官房長官は6日の閣議後会見で、名護市辺野古への新基地建設に関し、埋め立て工事の着工前に県と事前協議する必要性を認める一方、協議の結果にかかわらず工事を推進する考えを強調した。