名護市辺野古沖の新基地建設は7日午前、沖縄防衛局による海上作業は行われず、反対する市民がカヌーや抗議船で抗議した。市民の2人はスパット台船のポールをつたい、作業台に上ろうとした。海上保安官のゴムボートの姿はなく、防衛局の警備員が市民らに、制限区域へ入らないよう警告した。