沖縄空手

人種も帯色も関係ない 空手の底辺拡大、平和につながる【道場めぐり・16】

2017年7月23日 19:09

■国際明武舘剛柔流空手道連盟総本部 八木明達・二代目宗家 深く息が吐かれ、気合が乗った多数のこぶしが突き出された。那覇市久米の国際明武舘剛柔流空手道連盟総本部・八木道場に響くのは国内外の門下生の呼吸音。精神統一に効果があるとされる「三戦(サンチン)」は基本の型だが奥深い。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄空手のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS