日本・台湾漁業協定対象水域での次年度操業ルールの交渉が決着 昼夜交代で操業する水域の拡大など一定の譲歩を引き出した 強く求めていた「全水域で船の間隔を離すルール」は認められず