内閣府沖縄担当部局の事務方トップ、幸田徳之審議官=写真=が21日、就任のあいさつで沖縄タイムス社を訪れ、「インフラ整備は進んだが、交通渋滞や人材育成などの課題がある。微力ではあるが、全力を尽くしたい」と抱負を語った。 幸田氏は1960年生まれ、大阪府出身。