石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は21日、久米島沖で金や銀などを含む新たな海底熱水鉱床を発見したと発表した。海上保安庁が昨年5〜6月に調査し、水深1500〜1800メートルの海底で火山地形を発見。海保のデータをもとに同機構が詳細を調べ、熱水鉱床を特定した。