ネズミのマフィンには優しい妻、ふわふわとした毛並みの子どもたちがいた。郵便受け付きの小さな家に、たまに届く手紙。若く、強く、誇り高かったころ、きゅうりを丸ごと1本背中に担ぐこともできた。どれもが素晴らしい人生だったと振り返る。 命ある全てのものに訪れる「生と死」がテーマの人形劇。