1935(昭和10)年の大阪朝日新聞の連載「海洋ニッポン」の取材班は、糸満や美里村古謝(現・沖縄市)のほか、那覇、普天間、名護、久高島など、沖縄各地を巡りながら写真を撮った。主要な取材先で残した多くの写真のほかにも、目的地に向かう道中で目にした風景をカメラに収めたと思われるカットがある。