認知症であっても安心して暮らせる地域づくりに向けて「認知症サポーター養成講座」(主催・オリブ山病院認知症疾患医療センター)が14日、那覇市立石嶺中学校であり、約500人の生徒が認知症への理解を深めた。同校の生徒会福祉委員会のメンバーが認知症に接する心構えをまとめた寸劇も披露。