夏休みを前に、子供たちの健全育成を図ろうと県内14団体でつくる県社会教育関係団体等連絡会は18日、県庁で会見し、共同アピールを発表した。 「親子のコミュニケーションを大切にし、夏休み中も基本的な生活習慣を守る」「薬物乱用から子供たちを守り、未成年者の飲酒・喫煙を防止する」などの5項目を読み上げた。