大弦小弦

[大弦小弦]横綱白鵬の通算最多勝記録の更新と39度目の優勝で終わった大相撲・・・

2017年7月25日 07:05

 横綱白鵬の通算最多勝記録の更新と39度目の優勝で終わった大相撲名古屋場所で、連日盛り上げたのは東前頭4枚目の宇良関(25)だ。上位陣4人が休場したことで横綱、大関との4連戦が実現。立ち合いの低さが武器の横綱日馬富士よりも低く飛び込み、涙の初金星を獲得した

▼身長174センチ、体重137キロの小兵だがレスリングの経験を生かし、懐に潜っての足取り、居反りなどで巨漢を倒す。俵に足が掛かり、絶体絶命の体勢になっても最後まで逆転の一手を探り続ける

▼新大関高安戦はまれに見る激闘だった。足取りに失敗すると自ら土俵際まで下がり、助走をつけて体当たり。はね返されても潜り、追い込んだが逆転の投げをくらった。これで右膝を痛め、7勝8敗と負け越した

▼大阪府出身だが父方の祖父母の繁さん(87)、サチさん(82)は国頭村宜名真に住む。場所中は毎朝夕、仏壇に手を合わせ、孫の活躍を祈るのが日課だ

▼苦労して育ててくれた母信子さんへの思いは尽きない。まわしや浴衣のピンクは母の好きな色。土俵に上がる前は必ず「かあさんの歌」を口ずさむという

▼いきり立つ心を静め、感謝の気持ちを忘れぬよう「かあさんが夜なべをして-」と歌う心優しき宇良関は25日に来県し、12月の沖縄場所開催をアピールする。膝を治し、「唯一無二」の進化を続けてほしい。(磯野直)

基地で働く―軍作業員の戦後
沖縄タイムス社
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 352,603

あわせて読みたい

関連リンク

大弦小弦のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS