沖縄タイムス紙面掲載記事

工事禁止の仮処分 先行審理か/埋め立て一時中断も

2017年7月25日 00:00

 辺野古差し止め訴訟で那覇地裁は、県が岩礁破砕によって損害が出ると主張する水産資源の保護などの利益が緊急に保全されるべきかを判断するため、仮処分の審理(審尋)を優先するとみられる。処分の申し立てで工事禁止の決定が出た場合、直ちに効力を発揮するため、国は一時的に工事を止めなければならない。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス紙面掲載記事のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS