辺野古差し止め訴訟で那覇地裁は、県が岩礁破砕によって損害が出ると主張する水産資源の保護などの利益が緊急に保全されるべきかを判断するため、仮処分の審理(審尋)を優先するとみられる。処分の申し立てで工事禁止の決定が出た場合、直ちに効力を発揮するため、国は一時的に工事を止めなければならない。