県が24日、国を相手に名護市辺野古の新基地建設工事の差し止め訴訟を提起した。翁長雄志知事は会見で、新基地を巡り5度目となる法廷対決、突如表面化した普天間飛行場の返還条件問題など、新基地計画を取り巻く「不条理」への国民の理解を繰り返し求めた。25日で護岸建設から3カ月。