名護市辺野古の新基地建設を巡って、県は24日、岩礁破砕を伴う工事の差し止めを求め、那覇地裁に提訴した。 裁判が決着するまで、工事を一時的に中断する仮処分も、合わせて申し立てた。 辺野古を巡る県と国の対立が裁判に持ち込まれるのはこれが5回目である。