沖縄総合事務局は24日、那覇空港第2滑走路の供用開始から10年経過した2030年度の旅客機の発着回数が16年度比1・22倍の15万8千回となるとの試算を公表した。