大相撲名古屋場所、東前頭4枚目で健闘した宇良関の祖父母。場所中は毎朝夕、「勝ちますように」と仏壇に向かって祈った。国頭応援団長の山入端立全・宜名真区長が毎日、本紙をコピーして情報提供した。17日付の紙面で、八角理事長が白鵬戦の宇良を「善戦」と評した談話が載っていた。