県は24日、国に辺野古新基地建設の工事差し止めを求めて提訴した。北海道でも函館市や市民が国や電源開発(Jパワー)を相手に、青森県大間町で建設中の大間原発の建設差し止めを求める二つの訴訟を東京と函館の両地裁に起こしている。代理人弁護士や原告の市民は、一方的な負担を強いられる函館と沖縄の現状を嘆く。