沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古 再び法廷へ(1)国の「印象操作」に対抗 「撤回」視野の県、楽観論なし

2017年7月26日 14:14有料

 「何か手を打たなければ、民意を維持できない」 名護市辺野古で新基地建設工事を進める沖縄防衛局が、岩礁破砕許可がないまま海上作業に着手した4月上旬、翁長雄志知事の側近は苦渋の表情でこう語った。工事差し止め訴訟を起こす“決意”でもあった。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気