沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古資料:防衛省故意を否定 火消しに追われる

2015年3月11日 05:45有料

 名護市辺野古の新基地建設で、仲井真弘多前知事が埋め立て承認の“よりどころ”とした環境監視等委員会の資料の中で、内容の一部書き換えが発覚した。中谷元防衛相が10日の沖縄タイムス報道を受け、「配慮に欠ける部分があった」と陳謝するなど、防衛省は火消しに追われた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ