名護市辺野古の新基地建設に反対する「海上座り込み」が25日、米軍キャンプ・シュワブの護岸建設予定地沖合であった。1996年に問題が浮上して以来最多のカヌー71艇が出て、「翁長雄志知事の許可がない工事をやめろ」と声を上げた。(2・31面に関連) 船8隻に分乗した市民を含めて約150人が参加。