名護市辺野古の新基地建設で護岸の土台となる石材を海に投下する前に海水に浸していると県が指摘していた件で、沖縄防衛局は25日、「重機の操縦者の手違いによるものだ」と回答した。防衛局職員が事業者に対し、手違いが起きないよう口頭で指導してからは海水に浸す事案は発生していないという。