タカの仲間・ツミがここ数年、市街地の公園で営巣し子育てするようになっている。松など、巣作りに適した高木があることや、エサになる小型の鳥が多くいること、人慣れしてきたことが理由と考えられている。