県農業研究センターで実施している熱帯・亜熱帯産農産物を原料とした機能性加工食品の開発研究で、広瀬直人上席主任研究員(51)が日本食品保蔵科学会技術賞を受賞した。25日、県が発表した。県内では初の受賞者となる。