安倍晋三首相は追悼の辞で、「基地負担軽減について、政府として引き続き全力を尽くす」などと述べた。しかし、参列者からの拍手はまばらだった。あえて拍手をしなかった那覇市の男性(68)は「大田先生が望むのは辺野古の新基地建設をやめること。言葉と行動が違う首相には来てほしくなかった」と厳しい目を向けた。