【東京】名護市辺野古の新基地建設に向けた国のボーリング調査が再開されたことを受け、翁長雄志知事は12日午前、都内で記者団の取材に応じ「大変遺憾である」と不快感をあらわにした。その上で「あらゆる手法を駆使して辺野古新基地建設を造らせないとの公約実現に向けて全力で取り組む」と強調した。