沖縄県内の多くの公立中学校が13日に卒業式を開いた。14年度は約1万6千人の卒業生が学びやを後にする。那覇市の神原中学校(名嘉ゆり子校長)では同日、54期生140人が卒業を迎え、家族や友人に見守られながら母校を巣立った。