謝花喜一郎企画部長は13日の沖縄県議会総務企画委員会で、県政交代を受けて内閣府の沖縄振興予算が3千億円台から減額される懸念について「県と国とはいろいろな駆け引きがあるだろうが役人同士で意思の疎通を図り、必要なものは必要と主張し、信頼関係を築きながら(予算を)確保したい」と述べた。