【宜野座】米軍のヘリ1機が26日午後9時ごろから同9時15分にかけて、宜野座村城原の集落に近いキャンプ・ハンセン内着陸帯「ファルコン」を使って訓練した。目撃した崎濱秀正区長によると、ヘリは発着し、民間地を4〜5回低空飛行したという。